企業情報 2017-11-28T19:57:53+00:00

シズルについて

シズルインターナショナルについて

シズルでは個人も会社も関係ありません。私たちはいつでもあなたと行動を共にする一つのコミュニティです。

ボトルの裏を見ることから全てが始まった

トム・マウワーSr.とその息子であるトム・マウワーJrがシズルインターナショナルを創立したのが2006年のこと。シャンプーボトルの裏を見るというシンプルなことから始まりました。

約40年前、トム・マウワーSr.とJr.はワックスや工業用洗剤といった40種類以上の化学薬品を扱うビジネスに従事し、成功を収めていました。それぞれの製品に使われている化学薬品は、扱う際に防護服の着用が必須なほど非常に危険性の高いものが多く、最新の安全データシートを入手して従業員に製品取扱の注意を促していました。

トムは次第に工場で使用している化学薬品を意識するようになり、自分の会社だけでなく、世界を変えるようなあることに気付いたのです。

「ある日、家にあるシャンプーボトルの裏ラベルをチェックしたところ、」トムは言います。「なんと仕事で扱っている有害な洗浄成分が目にとまり、大変ショックを受けました。―そしてなんと―工業用洗浄剤がシャンプーに使われていたのです。私はその成分が肌に触れたらどれほど危険かよくわかっていました。それから、そのボトルをつかむとゴミ箱に捨て、シャンプー、歯磨き粉、石鹸といった家中の製品ラベルを片っ端からチェックすることにしたのです。それら全てに有害な成分が使われていたため、全て捨ててしまいました。」

こうしてシズルの物語が始まりました。その数年後、ほとんどの家庭用品には有害な成分が使われているということが広く知られるようになりました。トムSr.とJr.は安全性が懸念される成分を排除した、安心と有用性の高い製品や健康食品を製造し始めたのです。

設立開始当初は今とは異なり、非常に厳しい状況でした。シズル製品は、業界最大手の企業や製薬会社と相対する立場にあり、既に定着していた製造規範と実践に真っ向から戦わなければなりませんでした。多くの人たちが購入してきた健康に影響を及ぼす可能性のある成分を使用した製品にとって代わる、安全性を重視した製品を提供していたのです。しかし、最終的にトム・マウワーSr.たちの強い思いは報われ、その影響は世界中に広まったのです。

今では、誰もがトムが何年も前に気付いた『安全な製品の必要性』を認識しています。消費者は自分たちの身体に触れるもの、取り込むものに一層の注意を払うようになってきています。多くの企業が最終的に、大量生産されたパーソナルケア製品に見られる危険性や被害に左右されないライフスタイルを創造するトムの哲学に賛同しました。このライフスタイルの変化の影響は、私たちがより長く幸せな生活を送るにつれ明らかなものとなってきています。

トムは今でもシズルでパワフルで安心して使えるホームケアやパーソナルケア製品を提供する責任を担っています。全てのシズル製品は人と環境に優しい成分を使用するというシズルセーフが約束されています。シズルの製品ラインはGMP(適正製造規範)の基準に則り、世界レベルの生産ラインで作られています。

私たちは可能な限り、有用性も安全性も高いパーソナルケア製品や健康補助食品を多くの方々に提供することに誇りを持っています。シズルセーフで人生をより健やかに楽しみましょう。

シズルの経営陣

トム・マウワー, Sr
シズルインターナショナル会長、創立者

トム・マウワー, Jr
共同創立者兼代表執行役

トム・マウワー, Sr
シズルインターナショナル会長、創立者

シズル・インターナショナルの創始者であり会長でもあるトムは現在も事業のあらゆる面に積極的に関わっています。1970年代、当時トムはゲーツ・タイヤ・アンド・ラバー社のタイヤ部門の地方販売部長を務めていました。そこで彼は販売力の再構成を行い、世界でも有数のタイヤ企業へと成長させ、最高の販売数を達成しました。元来科学についての見識が強かったトムはデル・ケミカルに入社し、工場の責任者から、研究開発責任者、企業トレーナー、国内営業部長へと昇進していきました。

その独特の能力や起業の才覚に目覚めたトムは、1980年に産業用清掃用品の会社を設立し、西部の州の商工業大手向けの清掃用品の製造・販売において成功を収めました。1987年には、ユタ州にパーソナル・ケア製品の製造会社を設立。これが後の世界最大のネットワーク販売会社であるニューウェイズ・インターナショナルとなり、年間売上10億ドルを達成しました。2006年、トムはニューウェイズを売却し、人間の健康において最も重要な橋渡しであると彼が考えるものをビジネスとし、また彼にとって史上最大のビジネスチャンスであると考えたもの、すなわちシズル・インターナショナルを設立しました。

トムは常に人々を成功に導く活動に関わってきました。多くの著書を残した作家であり、意欲を起こさせる演説家でもある彼は、ディストリビューターの精神や心にある活力や熱意を刺激してきました。自然薬品やヘルスケア製品の科学的研究における画期的な発見でいくつもの特許を所有する有名な科学者であり、製品の考案者であるだけでなく、彼の考案した革新的で高い還元率のハイブリッドなボーナスプログラムからも分かるように、マーケティングプランにおいても非凡な才能を示し、MLMビジネスに革命をもたらしました。

トムには世界中の孤児や身寄りのない子を支援していく慈善活動に参加したいという強い気持ちがあります。ロシアの障害児童のための学校、シベリア・トラや神聖なホワイト・バッファロー、白いアカシカなどの絶滅危惧種を保護する団体、貴重な森林など壊れやすい地球環境を保護する団体などの非営利団体を支援すべく、これまで数百万ドルもの寄付をおこなってきました。トムは、ダライ・ラマなど各国の指導者とも面談し、認められてきました。また、2005年にユタ州のソルトレイクシティーで開催されたジュニア冬季オリンピックの主要スポンサーにもなりました。

トム・マウワー, Jr.
共同創立者兼代表執行役

CEO兼主任研究員であるトム・マウワーJr.は、企業・経営陣の全体監督・戦略的指揮を取っています。トムは直接シズルの研究開発チームと強力な新製品の開発に取り組み、最新鋭の工場設備の監督やシズルの世界トップクラスの製造作業の指揮にあたっています。

父であるトム・マウワーSr.がニューウェイズを大企業へと発展させるうえで、彼の大きな助力となり、シズルを業界で最速の成長を遂げる企業へと成長させる上でも欠かせない人材となっています。トムは、ユタ州立大学で生物学学士を取得した、実績のある考案者、科学者、製造技師です。健康・ウェルネス業界でこれまでのベストセラー製品の開発において高い評価を受けています。シズル独自の製品の良さを伝えるダイナミックな演説者であり、プレゼンターでもある彼は、栄養素の人体への影響に関する豊富な知識から世界中のディストリビューターから称賛されています。

研究室

Cutting-edge R&D

最新鋭の R&D

最先端のテクノロジー技術の完備された研究室で働く研究者を支援することは、トムにとって、製品の探究を続けることと同じぐらい大切なことでした。研究設備投資には、美しく造形的な環境を作り出せるようなR&D(リサーチ・アンド・ディペロップメントの略)研究室は、世界でも最先端の技術設備を求め設計されています。ここで、科学者たちは様々な科学研究に基づいたパワフルでユニークな製品を開発しています。だからこそ私たちはいつもこう言うのです。”科学を信じ、シズルを信じる。”

工場

World-class Production

世界クラスの生産ライン

トムはそれまでの経験から、他とは違う存在となるためには独自の開発力と、徹底した品質管理をする製造工程が必要であることがわかっていました。そこで、彼は1憶ドル以上を投資し、世界クラスの生産ラインを持つ製造工場を建設することにしたのです。サッカー場7つ分に相当する40万平行フィートの敷地に広がる自社工場には、世界でもトップクラスの技術と装置が完備されています。非常に優れた施設であるため、競合先からも多くのOEM生産依頼が入っています。その依頼は受けても、最優先はシズルです。

シズルチーム、原材料、製造工場すべてが最高なものであること、それがシズルが提供しなければならないことだと私たちは考えています。世界に類を見ない配合と製品。シズルセーフに則った製品作りが可能なのはもちろんシズルだけです。